推薦の声

東京ヤクルトスワローズ 大引啓次選手(遊撃手)

%e5%9b%b31

自分が浪速高校に在学中は専用球場がない中でいかに効率の良い練習をして他の強豪校といわれる高校に勝つか考えて練習していました。グラウンドでバットやグローブを使って練習したのと同じくらいグラウンドの外で様々なトレーニングをしたことを思い出します
トレーニング内容としては小林先生から説明されていると思いますが、例えば体幹を鍛える中にも関節を柔軟にして可動域を拡げたり、バランスボードの上に乗ってテニスボールをジャグリングしたり、教室の中でビジョントレーニングをしたりと…。例をあげればキリがないほどその数は多岐にわたります。そのトレーニングも初めは小林先生に与えられたメニューでしたが、冒頭にもあったようにどうすれば強豪校に勝てるかということが念頭にあるので、徐々に内容が学生たち自らの手で進化していったように思います。ただトレーニングをするのではなく、どのシチュエーションで役立つかなど学生たちの創意工夫で難易度も高く変わっていったのだと思います。ただ一つのことをやるのではなく『何かをしながら別の何かをする』といったことも、試合中の状況判断能力が養われた要因だと思います。

まだまだ語り尽くせないほど浪速高校でたくさんのことを学びました。もし、自分が専用球場をもつ高校へ進学しグラウンドで野球の技術練習だけやっていたのなら今の自分はなかったでしょう。人の目を盗んでサボったり、怖い人の前だから一生懸命やろうだとか周りの環境に左右されないことも大舞台で活躍するために大事なことではないでしょうか。あと授業中に集中して勉強するというのも子供の頃にしかできない絶好のトレーニングかもしれません。(笑)

20161005220428

もし、この文章を目にする子供たちや保護者の方々に一つアドバイスするなら、必ずしもプロ野球選手が正しいトレーニングをやってるとは限りません。プロ野球選手になるという大きな夢をもつことは素晴らしいことです。しかし、その夢をゴールにせずスタートにすることで普段の生活の中にも上達するヒントがあるのかもしれません。
小林先生のレッスンを受けた子供たちが自分と一緒のユニフォームを着る日を心待ちにしています。

 

 

  堺ビッグボーイズ代表、プロスペクト株式会社代表取締役    瀬野 竜之介さん

fb_img_1476167745106

KOBAYASHIベースボールアカデミーの開校おめでとうございます!
『おめでとうございます!』って、何に?誰に?
答えは、これから巡り合う「子どもたち」にです!
小林敬一良先生は私の浪速高校野球部時代の恩師です。
野球が大してうまくもなく、それでいて態度はデカく、あまり大人のいうことを聞かず、いわゆる「なめていた」私がこうして、一応?社会に適応?していられるのも、こうして野球に関わる仕事をさせてもらえているのも、小林先生との出会いが多大に影響しているのは間違いありません。
高校を卒業してからも、何かと相談、ご指導をいただき、自分が今に至る過程での人との出会いも、小林先生がいらっしゃっての縁がとても多く、今の自身の礎となっています。小林先生のこれまでの培われた経験を、子どもたちの指導へと活かされるのは、とても楽しみであり、『ピンとくる』保護者の方、あるいはお子さんが少しでも増えることを願っております。
このベースボールアカデミーは「野球がうまくなる」だけのアカデミーではなく、彼らの未来の人生を「切り拓く」きっかけであり、
人としての心と、身体を司る、基礎作りに好影響を及ぼすものであると思います。
Buena Suerte !(幸運を祈ります!)
プロフィール
shidosha_img_seno

浪速高校、東海大学卒
堺ビッグボーイズ代表、プロスペクト株式会社代表取締役

堺ビッグボーイズでは横浜DeNAベイスターズの筒香選手、西武ライオンズの森選手を育てる。現在、日本の野球界に一石を投じようと、勝つために選手を犠牲にするのではなく、少年野球でリーグ戦方式や球数制限を行い、選手を育成するためのプログラムを実行している。

プロスペクト株式会社は、主にオンヨネ株式会社のスポーツウエアや、IPセレクトのグラブの販売を行っており、ウエアもグラブも、プレーする選手を第一に考えて作られたものを販売しています。最近では選手を支援する「アリーバアスリートサポート」を設立し、筒香選手はその第1号で、昨年ドミニカのウインターリーグに参加するためのコーディネートも行いました。

2016/10/11